アレルゲンがゴムの場合のアレルギー対策

アレルギーを引き起こす原因物質である「アレルゲン」には、様々な種類があります。その中でも、ゴムに対してアレルギー症状が出るという場合は、「ラテックスアレルギー」と呼ばれます。ラテックスとは、天然ゴムから採れる白い樹液の事です。ラテックスには様々なタンパク質が含まれており、これが免疫の過剰反応を引き起こす原因とされています。普段から天然ゴムやその製品によく触れる事のある、医療従事者や患者、製造業の人によく見られます。
ラテックスアレルギーを発症してしまっても、特効薬がありません。そのため、アレルギー対策としては、なるべくアレルゲンであるゴムと接触しないようにする事が必要です。日常生活で使用されているゴム製品には、輪ゴムや風船、長靴、ゴム手袋、コンドームなどがあります。服などで肌に触れないようにガードするか、天然ゴムが使用されていないラテックスフリーの製品を使用すると良いでしょう。
また、診察に行った病院で、医療用の手袋やカテーテルが原因でアレルギーを発症してしまう可能性もあります。診察の際にはラテックスアレルギーである事を事前に告げておきましょう。
それから、ラテックスアレルギーを発症したら、果物にも気をつけなければなりません。特に、バナナやキウイフルーツ、アボカド、栗はラテックスとタンパク質の構造が似ているため、これらの果物もアレルゲンとなる危険性があります。アレルギー対策として、これらの果物も避けた方が良いでしょう。
アレルギーは、何度も症状を起こしてしまうと、重症化する危険性もあるため、日頃のアレルギー対策が重要になります。製品や食べ物に気をつけて、アレルギーの症状をなるべく起こさないようにしましょう。