食物アレルギー児の原因とその対策とは

アレルギー児の子供が給食でNGな食べ物を食べたことによってアナフィラキシーショックを起こして死亡した事件は記憶にも新しいことと思われますが、近年ではアトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー児の低年齢化が進んでいるという調査結果もあるようで、事態は深刻になるばかりです。

特に食物アレルギー児は非常に多く、年を重ねるにつれてその割合は減少していきますが、一歳頃は最もアレルギー児が多い年齢と言われています。

食物アレルギーの場合、卵や小麦粉など、子供によってその原因も異なり、またレベルによっては陽性であっても多少は摂取できることもあります。

アレルギーを発症する原因であるアレルゲン物質は様々考えられますが、食物アレルギーに関しては年々研究が進み、今ではファミレスなどでも低アレルゲンの食事を提供できるようになっています。

しかし、それでもちょっとしたミスで命取りになることも多々あり、アレルギー児の食物の取り扱いは非常に注意が必要だとされています。

給食などの、大勢で食事する習慣の中では、一人一人のアレルギー原因をしっかりと担任や学校側が把握するべく、平成20年には「学校のアレルギー疾患における取り組みのガイドライン」、平成23年には「保育所におけるアレルギー対応ガイドライン」など、アレルギー児の食物の取り扱いにおける対策としてまとめられました。

また、アレルギー児はアナフィラキシーショックになった時の対策としてアドレナリンの自己注射薬が処方されている場合があり、もし本人が意識混濁のために使用できなかった場合には教職員や救急隊員が処方しても良いというルールも存在しています。

食物アレルギーから子供の健康を守るために、様々な対策が取り組まれていますが、何よりも大切なのは必ず医師の診断を下に行われるのが大前提であり、周囲の人間もそのことに無関心にならずに注意していくことが望ましいとされています。